② おっさんたちのプロフィール

おっさん4人の中の1人中ちゃんだよ^^

投稿日:

Pocket

それでは一緒に楽しい人生にしましょう!

では、中ちゃんの自己紹介とこれまでの経歴を簡単に書きます。

■1970年青森県生まれ
ごく普通の4人家族の家庭に育つ

■小学生時代
夏は野球で冬はスキーに明け暮れた時代。

6年の時に野球で第一回軟式学童野球大会で全国優勝!
一応レギュラーでしたが、
ライトで9番と言う微妙なポジション^^w

野球よりもスキーが好きで、小6の時に東北大会3位。
そこそこ上位には入るが中々1位にはなれない。

■中学生時代
やはり、野球とスキーのスポーツ少年。
しかし、少し色気づきエレキギターを始める。

野球はセンスがないと気付きフェイドアウト。
スキーは好きで続けました。
それとギターも熱が冷めず同時進行!
中3の時にスキーでやっと、東北大会で優勝できました!やったー!

この時、スキーの名門私立高校から特待生の招待を受ける。
その後、全国大会に出場するが、13位と半端な成績に終わる。
さて、どこの高校に行くか迷う。

スキーは続けたかったが、ギターもやりたい。

1.私立名門高校の特待生の場合は家を出て合宿生活が必須。

2.は、1よりもう少し学力レベルの高い高校。(スキー部なし)
迷った末に2.のもう少し学力の高い工業高校に入学。
なぜなら、スキー部を創設するという約束が出来たから。
しかし、
ここが1回めのターニングポイントでした!

高校入学前の中学最後の県内B級レースに
エントリーしたがスタートリストに私の名前が無い!?

なんでだよ!?
その時は何かの手違い、運営者側のミスと思っていた。
しかし、後で色々調査してもらった結果、
ある人物の権力が働いていたのです!

そうです。
名門私立高校の監督の力が働いたのです。
彼は汚い手を使う事で有名な人なのです。

県のスキー連盟の権力者で連盟組織は教え子で固め、独裁政権を
築き上げてました。

私の高校にまで影響があり高校のスキー部としては活動できなくなってました。
入学前の約束は破られたのです。
■高校生時代
スキー部の創設に色々な人に協力をして頂いたが、結局、残念な結果となる。
あっと言う間に冬が来てしまう。
時間の無駄を感じた。
諦めるなら早い方が良い!
他の道でとテニス部に入るが諸事情があり監督と喧嘩し退部。

帰宅部となる。

ついに音楽の道を本気で取り組む。
そしてヘビメタバンドを結成!

ライブ活動に精を出し楽しいライフだったが、高校生活も終盤を迎える。
卒業が近づき進路を考える時が来た!

正直、何も考えていなかった。
大学なんて無理だし、就職はまだしたくないし、
東京に憧れなんとか東京に行く手段を考える。
そうだ!
専門学校に行こう!

■専門学校時代
親元を離れ高校の同級生3人で部屋を借り同居生活が始まる。
憧れた東京で遊びまくりと思いきや、冒険活動をするにも
専門学校の課題が多くきつい毎日。
それなりに楽しかったがあっという間の2年。
また、卒業後の進路を考える時期となる。
就職活動。
バブル期後半ではあるがまだまだ勢いがあった時代。
就職したくなかった。フリーターでいいと思っていた。が、
先生の紹介で一部上場企業に就職する事になる。

■就職
入社式の後、1年間、名古屋工場に送り込まれる。
同期は大学卒と大学院卒。その中に専門学校卒と高専卒。
1年間の実習生活が始まった。
ろくに勉強して来なかった身なので大変だったが
面白かった。
まず、英語の論文を読まされるが、初めての経験で賢くなったような
錯覚で嫌ではなかった。
研究所でも実習したが、ここも大変ではあるが楽しかった。
実験、報告書の繰り返しだが特許を取得する事が出来る希望や楽しさがあった。

しかし、どこの部署も朝早くから夜遅くまで仕事づくめ。
そこで、名古屋のあるスキーチームからのお誘いを受ける。
一度お正月のキャンプに参加したら、チームの監督に強烈アタックを受ける。
再度、スキー熱が沸き上がる!
本格的に再開する事を決意!
1年後、東京に配属になる。

希望の配属先だが、2年後大阪の大きなプロジェクトの為、大阪に転勤となる。
2年後東京に戻る。
この頃から、このままサラリーマンで良いのかと思い始める?

27歳で結婚。
年収が少なく、貯金も無く大変だったが、中古マンションを購入リフォーム。
1年後に第一子誕生。

その時、福島県郡山市に転勤命令!
大変な思いをして買ったマンションでの新婚生活だったのに・・・
ますます、サラリーマンでいいのか?強く思うようになる。
家族で郡山に引っ越し。
マンションは賃貸に出し他人が使う事になる。

3年後、第二子妊娠。
近所に身内がいなく長女が幼稚園に入学のタイミングで単身赴任となる。
子供の成長を見れない、たまに会いに行くと子供に泣かれるアウェー感。
その2年後、所属事業部が別会社化となる。会社から見放された事業部。
会社からは給料が下がると言われる。

もう我慢の限界。家族と一緒に生活したいし、安月給をさらに下げるとは!
悩んでいた時に、
このタイミングで知合いから外資系企業の紹介を受ける。
外資系企業に転職を決意。

日本に進出してきたばかりの企業で、初期の大変な状況でした。
有名ブランドの仕事やビッグプロジェクトに参加でき苦しいけど
きっとチャンスが来ると信じて勤めていた。

しかし、これまで以上の残業、休日出勤、思った以上に年棒が上がらない。
子供と遊ぶ機会もない。成長をまたも見守れない!

妻は「旦那元気で留守がいい」パターン。
俺だけ我慢すればいいのか?!?

そして、第三子の誕生。
初めて生まれた時から、ずっと成長を見る事が出来ると自分は大喜び!
しかし、妻はこのままの収入では育てられないと落ち込む。
人生思うようには行かないもんです。
そんな中、海外出張での出来事です。
場所は中国上海。

もう立派な都会です。しかし、テレビニュースでも取り上げられてますが
まだまだ、食品や衛生面では?

たまたま、足の付け根を虫に刺されぷっくりと。

2,3日して帰国。

なんだか様子がおかしい。

靴が履けないくらいに腫れてきた。しかも熱も!
そのうち治るだろうとほっといたが、増々ひどくなり、足をつくたびに激痛が走るように
なりました。

近所の医者に通ったが症状は変わらないというかひどくなってるような?

大きい病院で見てもらおうと大学病院に。

なんと、診察直後、今日から入院してくださいと衝撃の結末!
この入院生活で人生を見直す時間が出来た。
同じ部屋の人達はみんな高齢者。

携帯NG、パソコンももちろんNG.
読書はあまりしない人間だが止む終えず、何気に読んだ1冊のビッグトュモローに

ネットビジネスの紹介があり。

何!こんな世界があるのか!?と。

これをきっかけに真剣に取り組む決意を固める。

アフィリエイト、ドロップシッピング、せどり。

魅力はインターネット環境とパソコンがあれば、場所、時間を問わず
生活をする事ができる。

■転職
インターネットビジネスにウエイトを置く為には今までのサラリーマン生活では
時間がタイトすぎる。

年棒は下がるが時間の融通の利く会社に転職する。

嫁には大反対されるが転職する。

この瞬間から給料は全額家庭に入れる。
1円も貰えなくなり副業するしかない環境となった。

■副業
だいぽんさんの銀河鉄道プロジェクトを購入
銀河鉄道のセミナーに参加
ブログメルマガアフィリを始めるが銀河鉄道の第4章で挫折。
成果が出やすいと聞き本せどりをやってみる。

■せどりで初報酬
試しに中古本をアマゾンに出品したら注文が確定!
簡単に売れてしまった!

しかし、自己発送の仕方や梱包資材も用意してなくあたふた。
会社からプチプチを拝借し発送の仕方をネット検索し無事今は亡き
クロネコメール便で送付。

アマゾンは売れるんだー!と感心する。

しかし、ガラケーで山ほどある本の中から利益の取れる物を探し当てるのは
簡単ではない。

やはり、ネットビジネスは無理かな〜?と思いつつ、あるメルマガが目に止まる!
■銀河鉄道で知り合ったCさんと再開
CさんからDVDせどりのノウハウを教えてもらい。
教材を購入。
Cさんのチャットコミュニティに参加。

■現在
DVD,CDせどりを継続中!

ようやく自分の小遣いを得る事ができた!
このような経歴でございます。

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです^^ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村 さて、何位になってるかな?
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-② おっさんたちのプロフィール
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール1 ジェダイの…いや〇ッ〇ーをこよなく愛する中年男

君誰っ? えっ?あ、わたしですか? はじめまして、ほっぴぃです。 昭和35年生まれの56歳。神奈川県在住です。 生まれたのは宮城県で、育ちは東京の新宿区。結婚して神奈川県人となりました。 たいていのオ …

なゆたろうです。

君誰だい? 初めまして、なゆたろうと申します。 50代半ばのおっさんです。 東京都練馬区在住です。 25年ほど会社員をしていましたが、会社が傾き、希望退職を募ったのを期に退職しました。   …

第三の男

第3の男(^^ゞ、山さんです! ハンドルネーム 4人のメンバーのひとり、「山さん」です。 またの名を「なちょす」と言いますが、このブログでは学生時代のあだ名である山さんをハンドルネームにします。 略  …