⑩ せどりとビジネスの関係

チーズはどこに行った?

投稿日:2017年2月26日 更新日:

Pocket

こんばんは!山さんです。

昨日、うちの子供はまだ小学校に通っていて、その発表会に行きました。各教室で、子供達が調べたことが模造紙に書かれていて、発表してました。子供達の発表を聴いたあと、他の教室を見て回りました。ある教室では福祉問題を扱っていて、2035年には日本の65歳以上の人口が全人口に占める割合が33%になるということが書かれていました。つまり、3人に1人が65歳以上の高齢者になるということです。ちなみに昨年(2017年)は26%以上ということで、4人に1人が高齢者です。いやはや、やばいことになってきましたね。

やはりすごい勢いで高齢化社会に進んでいる、いや、もう高齢社会に入っているのだと思いました。「高齢社会」、皆さんはどんな社会を想像しますか?

我々も歳を重ねる中でどう変化してきたのか。気持ち、健康、食欲、買い物…。

チーズはどこに消えた?(スペンサージョンソン著)https://www.amazon.co.jp/dp/459403019X/ref=rdr_ext_tmbという本があります。

私の好きな本の一つです。あらすじは確かこうだったと思います。毎日毎日あるところにチーズが落ちてくる。その場所に、毎日毎日Aというネズミが行ってチーズを持って帰って食べる。でも、ある日、チーズが落ちてこなくなる。それでもAネズミは毎日毎日、そこでチーズを待って、いずれ飢え死にしてしまう。でも、Bというネズミもいて、こっちも毎日別のチーズが落ちてくるところでチーズを待って、持ち帰って食べる生活をしていたが、ある日チーズが落ちてこなくなると、別のところを探しに行く。

なんてことない話ですが、なぜか心に引っかかる話だと思いませんか。人はバランスをとる生き物と言われます。例えば、3食毎日同じくらい食べて、飲んで、だいたい同じ体重で生きている。よっぽど、いやなことがあって、食べ過ぎ、飲みすぎ、あるいは絶食など無ければ、体重はそう変わりません。これは習慣にも当てはまる気がします。毎日会社に行く、働く、給料をもらう。サラリーマンの場合ですが。こんな発想に至ります。もし、会社がつぶれたら、解雇されたら、どうするか。また、違う会社のサラリーマンとして働くのかどうか。それでいいのか。

このチーズの話は、同じ発想で同じ行動をとっていることの危険さを表しているようです。発想をかえて、違う行動をとることによって可能性が広がることを言いたいのではと思います。

高齢社会。どんな社会になるか。どんな社会にしたいか皆さんで考えたいですね。

では、また!

 

 

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです^^ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村 さて、何位になってるかな?
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-⑩ せどりとビジネスの関係
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ハピタスポイントでビットコインをゲットしてみた

ビットコインって知ってますか? 聞いたことあるけど詳しくは分かりません。の人が多いと思いますが 興味はあるんじゃないですか? 儲かったとか聞くと!何ーと反応しますよね。 損した人も沢山いると思います。 …

不動産王に俺はなる!

こんにちは中ちゃんです。 不動産王に俺はなる! 我々が参加しているDVDせどりのコミニュティ(共同体)の忘年会がありました。 このコミニュティはDVDせどりがメインですが、メンバーにはせどり以外のイン …