⑭ 損益管理が大事なわけ

不良在庫って?

投稿日:2016年12月28日 更新日:

Pocket

このブログで推奨している、中古DVDせどりは、在庫が必要です。

市中のブックオフやその他店舗で普通に買い物をすることを「仕入れ」として在庫にします。その在庫をアマゾンへ出品して売るのです。

 

仕入れたは良いけれど、ずうっと売れなかったら?

仕入れたのに、ずうっと売れないなら、アマゾン倉庫に眠ったままの不良在庫ってことですよね。避けたいですね。

そこで、仕入れる時には、いつまでに売るかを決めながら仕入れ判断するのが良いと思います。

 

どういうこと?

商品によって、以下の傾向があります。

①すぐ売れるけど利益は少ないもの
②ある程度の期間待てば、それなりに利益が取れて売れるもの
③売れたらラッキーくらいに、ずっと待って売れた場合に大きい利益が取れるもの

仕入れる時に、1~3のどの在庫にするか、考えながら仕入れを判断しましょう。

①ばっかりだと、薄利多売の傾向になります。作業量が多いってことね。

②は、次回のカード決済までに売れなくても良いとする商品で、でも売れたら利益は大きいので次回以降のカード決済の時には貯金になってる、って思える商品の場合です。

③は需要(購入希望者)は少ないけれど、供給(出品)も少ない状況でしょうね。マニア向けで売れたら利益は大きい商品です。

でも、こういう商品は、あまりたくさん在庫に持たないようにしましょうね。

他にたくさん早く売れる商品を在庫していないと、日々の売上げがちっとも上がらない状況になり得ますので。

 

売れる見込みがハズれたものが不良在庫ってことね?

はい、そうです。

例えば「これは1ヶ月以内には売れるな」と思って仕入れた商品が1ヶ月後に売れていなかったら不良在庫としましょう。

 

見込み期限を過ぎた不良在庫はどうするの?

安くして売りましょう。

ライバルが居る場合は、ちょっとの値下げでは効果がない場合があります。ライバルが追随して値下げしてくることがあるからです。

そうなると安値合戦になってしまい、売れても利益がないどころか、大きなマイナスになる可能性があります。

 

不良在庫と決めて値下げするなら、利益度外視で極端に値を下げるくらいに考えましょう。少しでも現金が回収できれば良いってことです。

 

赤字になっても売るの?

はい、仕方がありません。

赤字でも少しでも現金が回収できるなら良いのです。

赤字にしたくなくて、売ることができない商品(不良在庫)は、仕入れ値そのものが赤字なのです。

それよりは、安く売ってアマゾンに手数料払っても、まだ少しでも現金が残る方が良いのです。
その現金は次の仕入れに回せますから。

 

そっか、次の仕入れで挽回すれば良いのね?

はい、継続して取り組めば、こういった事も最小限になるはずです。

継続は力です! 頑張りましょう!

 

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです^^ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村 さて、何位になってるかな?
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-⑭ 損益管理が大事なわけ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした