未分類

My Little Loverの「Hello, Again 〜昔からある場所〜」を聴いたことありますか?

投稿日:

Pocket

こんにちは、なゆたろうです。
今日はちょと気になった曲の話です。

 

My Little Loverは1995年にデビューしたグループで表題の曲もその年に世に出てヒットしたようです。
当時のことは、よく知りませんが、その後現在まで時々耳にすることがあったり、TVのCMでも使われたりで、何となく知っているって感じの曲でした。

で、つい最近ですが、この曲をフルコーラスで聴く機会があり、んん?って違和感を持ちました。
断片的に今日まで聴いていて、ほんの少しの違和感は持っていたのですが、記憶のどこかに忘れたままになっていたのですが、ちゃんとフルコーラスを聴いたら、やはり違和感を覚えたのです。

すっごくザックリと言うと普通の曲の構成は、
1番
Aメロディ(以下メロ)
Bメロ、
サビ
(イントロや間奏あるかも)
2番~
ってな感じになっています。聴く側が安心する構成なので、ほぼ不動と言って良いかと思います。

で、この曲ですが、1番のサビの終りから間奏(この場合はイントロと同じ)に掛けての部分がちょと不自然なのです。
なんか中途半端な感じがします。
歌詞で言うと、「君は少し泣いた? あの時、見えなかった」の「た」の部分で最初のイントロのギターフレーズに入って、つまり「最初に戻る」のですが、なんか中途半端な感じなのです。

著作権の関係でリンクは貼れませんが、話は続きます(笑)。

中途半端と言うのは、なんか、1番が終った気がしない、まだちょとあるんじゃないん? みたいな感じです。 え? そこで1番終りなの? みたいな。

ここ数日それが気になってました(笑)。
で、今日、この曲の譜面があれば判るかなって思ってネットで検索してみました。

判りました(リンクは貼れません笑)。

この曲のサビの部分って、とても自然で判らなかったけれど、転調しているんですね。
そして、サビの最後で元の調に戻っているってことが答えでした(笑)。

転調する曲はたくさん存在しますが、通常は転調してからの復調をして区切りを付けるのが暗黙的?に普通なので(久保田早紀の『異邦人』は典型です)、サビに転調がある場合はCメロを加えて復調するのが自然です。

1番
Aメロ
Bメロ、
サビ(転調)
Cメロ(復調)
(イントロや間奏あるかも)
2番~

って感じですね。

だけど、この曲のように「転調したまま、ぶっ飛んだまま、1番を終らせる」という斬新なところが、なゆたろうが違和感を感じたところでした。すっきりです(笑)。

良い曲ですね。歌詞も良いです。2番の歌詞が特に好きですね。

「自分の限界がどこまでかを知るために、僕は生きている訳じゃない。」

だから「ゆる楽」で生きましょうね。

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです^^ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村 さて、何位になってるかな?
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

せどりの軍資金について

皆さん、こんばんは。 以前のブログで、せどり教室の特典で教えてもらった軍資金の話を描きましたが、ゲットしましたよ! 金額は17,000円です! 知ってるかどうかだけというか、知っていて実行するかどうか …

思い違い?

どうも!山さんです。 先々週、息子(小学生)と釣りに行ってきました。三浦半島の先端の城ケ島というしまです。釣りをする人は別名「バリ島」ということもある島です。 前日に餌や仕掛けを買って朝早くでかけまし …

no image

『カエルの楽園』を読んで

ひさびさのブログです。。。 最近は、今後の日本の行方などたいそうな本を読んで将来を憂いたりしています。まあ、心配といってもほんのちょっとなんですけど(笑) 例えば、百田尚樹さんの「カエルの楽園」などは …

no image

「ゆる楽特典情報」

「ゆる楽会員」ページを用意しました。 毎月5万円のゆとりを得るための情報をまとめてますので 登録してください。(無料) 会員限定のシークレットな情報をお届けします。   ゆる楽特典情報はこち …

サラリーマンがこづかいを10万円稼ぐには?

どうも、山さんです! ブログ更新をだいぶ怠りました。。。 言い訳にしかなりませんが、自分の時間がないです。時間は作るものというかっこいいことを言う人もいますが、要領の悪い私は時間が作れず、自由がほしい …