④ さぁ、せどりを始めよう!

ブログで仕入れ資金を稼ぐ方法を考えてみよう!①

投稿日:2017年3月21日 更新日:

Pocket

こんにちは、ほっぴぃです。

この記事は、このブログの趣旨とは違いますが、こんな方法でまずは資金を稼ぐ方法もあるんだよっていう参考版として読んでみてください。

何かのお役に立てれば嬉しいです。

 

いきなりですが、ブログについて毎日記事を書かなきゃと思って、悶々としている方も多いと思います。

ハハハ、僕だってまだその一人なんですから。書くのって意外と体力がいるんですよね。そして、書いた後はものすごく疲れます。ふ~。汗

でもこの記事がお金になるんだから頑張らなければなりません。

会社の退職後はブログが書けなきゃある意味、死活問題になりそうです。僕なんかそう思ってますよ。

 

この資産ブログでお金を生み出しながら、せどりの仕入をしていく。

せどりも面白いですよね。

僕も一年間はしっかり続けられましたが、初回はどんぶり勘定で赤字が続いてしまったので、反省を含めて今は一時ストップしています。(少々はやってますけど、ハハハ)でもまた本格的にやっていきたいと思っていますね。

 

今は電脳せどりって言って、インターネット上から仕入れる方法もあるのですが、やはり店舗を回って仕入をするのも楽しいし、健康的にもいいのですよ。

全国を回っている仲間もいます。

旅人の気分で楽しそうですね!


 

さて、この資産ブログがあれば、例えば毎月10万円位は続けて収入を得ることができます。

収入が無くなることがないのだから素晴らしいですよね。

しかも続けるうちに確実に収入が増えていくのですからすごいです。

収入が落ちることがなく、70万から80万を稼ぐ人もいます。(実はもっと稼ぐ人もいる!)

 

ただ、人様の役に立って、共感を得る記事を書き続けていくのはつらい。

たいへんですよ。

だからこそ頑張って書かない人の上に行くことができれば、お金を稼ぐことができるんですね。

だけど、ただむやみやたらに頑張ってもダメです。

労あって益なしでは、やっている意味がありません。だから効率的な方法を取り入れましょう。

必ずあるはずです。

 

なんで記事が書けないのか、効率的に記事を書くにはどうすりゃいいのか、もう一回考えながら、書く練習をして参りましょう。

そんな方法を調べてみたので、紹介して参ります。


 

何事も一歩一歩づつ進めていかなければなりません。

せどりもそうですが、まずは数稽古。

数を重ねていくしか方法がないのですね。

でも楽しくやりましょう。これも大事です。

こんな時代ですからあまり苦行を行っては続くのも続かなくなります。

 

では次回から一緒にあなたと考えていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

ではでは...続く。

 

 

ブログランキングに参加してます。バナーをクリックして頂けると、とても嬉しいです^^ にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村 さて、何位になってるかな?
人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-④ さぁ、せどりを始めよう!
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

せどりの在庫管理ってどうやったら良いの?

こんにちは、なゆたろうです。 今日は、せどりの在庫管理のお話です。 日々の仕入れやアマゾン倉庫へ送った履歴、販売済みまたは保留中の商品などを管理しましょう。 これは最初が肝心です。 後回しにしていると …

寝てても売れるって?

どうも!山さんです。 先週の月曜日からインフルエンザで会社を休んでました。熱は38度とあんまり高くならなかったのですが、熱が引くまで3日くらいかかり、熱がおさまっても頭が痛くて大変でした。 皆さん、イ …

資産形成への道③(目標設定について)

目標設定と言われて、 今までの人生の中で「やったことないです!」なぁ~んていう人は、殆どいないでしょうね。 僕はサラリーマンだから当たり前に仕事で毎日考えさせられるし、目標設定知らないよなんて人、今ま …

ブログで仕入れ資金を稼ぐ方法を考えてみよう!②

こんにちは!ほっぴぃです。 昨日の夕食では、やはり夕方の健康ドリンクの外(白と黒があるのですが...)の黒を買ってきて、セブンイレブンの25°で割って楽しみました。 おかずは、頑張ってスパサラなんかを …

ブログで仕入資金を稼ぐ方法を考えてみよう!④

では、いきなし始めましょうか。   まずは「メモ」を取りましょうよ! 記事が書けない人がやらない習慣が、まずメモを取らないことです。 反対にうまい文章、分かり易い文章を書いている人ほど、メモ …